プロフィールをしっかり書くことがセフレをゲットする第一歩である

出会い系サイトを利用するときには、プロフィールを書くことも多いです。出会い系サイトによって、書く内容もさまざまです。

出会い系サイトを利用している人でも、プロフィールに書く内容も人によってバラバラです。また男女によってもだいぶ変わってきます。

■プロフィールの内容は
一般的にはプロフィールの内容としては、名前、性別、年齢、年代、住んでいる地域(都道府県、市町村など)、趣味、自己PR、好きなタイプ、似ている芸能人などがあります。
また写真や動画をプロフィールにアップできるようになっています。
さらに出会い系サイトによっては、アバターがつくれるなんてところもあります。

これらは大手や有料、無料の総合的な出会い系サイトによくあるプロフィールのパターンです。
さらにアダルトな出会い系サイトや人妻や熟女などタイプ別の出会い系サイトにもなると、容姿や体型、3サイズの欄があったり、スケベ度やエッチ度、また好きな体位やエッチの回数、経験人数などを書く欄もあったりします。あとどんなエッチをしたいかなどエッチのアピール欄もあったりします。

セフレ探しだとこうしたプロフィールから、自分に会いそうな人をセフレにしたがるのです。

■セフレを探す前にはプロフィールを書こう
セフレを探そうとしたら出会い系サイトを使いますが、探す前にはプロフィールをしっかりと書きましょう。先にあげたような固定のプロフィール項目は、すべて埋めるようにしましょう。

そして、自己PRも趣味や興味あること、こんなプレイをしたい、こんなお店をしっているなど何でもいいのでまずは埋めてみてください。

あとは他の日とを見てみて、参考になりそうなプロフィールや感じのいいプロフィールがあったら真似してみてください。

■定期的に更新しよう
プロフィールの自己PRなど、いくつかは更新できる項目のはずです。ぜひ更新してみましょう。

もしもなかなかセフレができないときも、プロフィールを変えると、異性をひきつけられて、セフレを作れるようになるでしょう。

女性がこんな男性をセフレに選んだ方がいい

男性でも女性でも、やっぱりセックスは興味もあるし、生活していく上でも欠かすことはできません。

愛情のためのコミュニケーションや子作りやスレレス発散など、セックスの果たす役目も大きいです。

■女性は気軽にできない
そんなセックスも、男性は手軽にセックスもできそうですが、女性は彼氏や旦那などパートナーがいないとなかなかできません。

パートナーもいないのに誰彼構わずセックスをすると言うのは、やっぱり世間的にも女性は、白い目で見られがちなのです。

■そんな女性もセフレを作ろう
ところが出会い系サイトが登場して、セフレや援助交際も一気に広まりました。今だとセフレならば出会い系サイトというくらいです。

出会い系サイトならば、たくさんの男性が女性へとアプローチをしてくれます。きっと、あなたにあったセフレも見つかるでしょう。

■こんな男性をセフレに選ぼう
出会い系サイトで男性をセフレに選ぶときには、次のような男性がよいでしょう。

まずは、彼女や妻といった本命のパートナーがいる男性です。不倫にもなるのですが、その方が男女とも割りきりなんだと認識して、長期間セフレも可能にできます。
パートナーがいないと、恋愛の気分になってトラブルを招きかねません。

次に恋愛の経験が多そうな男性です。多ければそれだけ、セックスの経験も多いのでしょうから、期待できます。やはら、セックスがうまくないと続けられません。

あと、メールやラインもあまりしなさそうな男性です。メールやラインもこまめにやる男性だと。セフレなってもこまめに来そうです。そうなると、ばれるリスクも高まります。
また、そういう男性は彼女にしようとアプローチしてくることもあります。会う約束以外は、メールやラインせずにプライベートに干渉しなさそうな男性を選びましょう。

■違う年代もよい
また女子大生や専門学生ならば年上の男性を、人妻や熟女ならば年下の男性をと普段接する年代と違う男性がよいでしょう。

普段と違うセックスも体験できたり、また割りきり感もあってトラブル防止にもなります。

ここを参考にして出会い系サイトでセフレを作ってみてください。

上手にコミュニケーションをしていくことがセフレへの近道

セフレを探しているという方においては、まずはパートナーを探しそして交流をある程度もっていただくということがポイントとなります。
仮に短期的な関係性であってもこれは大切なことなのです。
そこで、今回はセフレへと進展するためのやり取りのポイントについて考えていきましょう。

■基本的な対応について

こちらは、現実的な人間関係においてもそしてセックスフレンド募集サイトなどにおいても共通していえることなのですが、「穏やかでいること」です。
感情的になりすぎてしまうことはやはりパートナー候補にとっては不快感を与えてしまいますし、セックスフレンドとしての関係性が成り立ちにくいタイプだと思われる可能性も高いのでご注意ください。
また、ネガティブな発言が多いなどという場合も男女ともに距離を置かれてしまうことにもつながりかねませんので気をつけましょう。

■嫉妬心について

セックスだけの関係がセフレですから、そこに余計な感情は無いもののやはり、嫉妬心というものを煽りすぎてしまうことによって関係が進展しにくいということも考えられます。
適度な嫉妬心がパートナーの心をつかむなどといわれているのですが、気軽さを求めているセックスフレンドの場合には有効的に作用することが少ないという傾向もあるのです。

■同調すること

もちろん、無理に調子を合わせる必要はありませんが同調や共感というものはパートナー候補との距離感を縮めてくれることにもつながります。
効果的に取り入れていくと良いでしょう。
これは、男女という性差は関係なく「人間の心理」としてある仕組みなのです。

■上手に関係を築いていこう

セックスフレンドとしてよい関係を築くためにもこれらは大切なポイントですし、スタートとしても大切なポイントなのです。
充実したセックスをしたいという方はまずこれらを意識してみてはいかがでしょうか。
特に、接す区フレンド募集サイトなどでは強く意識をしてただくことをおすすめします。